尊敬できる人がいないのは要注意!敬う力も一つのスキル!



スポンサーリンク

どうも小野闊歩です!

 

皆さん、尊敬する人っていますよね。

私も尊敬する人はいっぱいいます。

 

有名な起業家であったり、アーティストであったり、カリスマ教師であったりと・・

 

ですが・・

案外身近な人を尊敬できていないのではないでしょうか?

 

特に、私のブログを読んでくださっているような、意識が高く、上昇思考が強くて、野望に満ちている方!

野望に満ちて意識を高く持つことはとてもいいことです!

 

私もそうだったので思うのですが・・

「成功したい」って思いが強い人ほど・・

有名な世の成功者は尊敬できても、身近な人を尊敬する事ができていないように思います。

 

私も昔は・・

「この会社には尊敬できる人はいないなー!」

みたいに、どこか人を見くだしている所があったように思います。

いや、本当にお恥ずかしい。

まあ、これくらいの反骨精神はあって良かったのかな~とも思いますが。

 

でも、これは能力の高い人が周りにいなかったのではなくて、私自身の問題だったんですね

 

というのも、実は、この「人を尊敬する力」っていうのが、自分が成長していくうえで、とても大切なスキルだったりします。

 

尊敬する人がいない人は要注意!

 

まず、人から何かを学ぶうえでその人を「尊敬している」か「尊敬していないか」で、その人から吸収できる量が変わってきます。

 

それもそうですよね。本当に尊敬してて、憧れているような人から何かを学びとることは簡単だと思いますが、逆に全く尊敬してない人から何かを学び取るのはとても難しいですよね。

 

尊敬している人からだったら、何か厳しい事を言われても素直に受け入れられますし、どんなに苦い良薬でも飲み干す事ができます!

それに、何も教わらなくても、その人を真似たりして自然といいものを吸収できますよね。

 

尊敬していなければそうはいきません!

むしろ、どんだけその人がいい事を言っていようが、聞く耳すら持とうとしないこともあります。

 

 

これは、ある意味、「学び取るチャンス」を逃してますよね?

 

「そんな、尊敬してない人のいう事なんか吸収したくない!」

と思うかもしれませんが・・

 

どんな人にも、自分にはない尊敬できるポイントはいっぱいあります。

 

尊敬を英語で言うと「リスペクトrespect」です!

 

このは「re」が「再び」とか「新たに~し直す」という意味で・・

「spect」は【spectare】で、「見る」という意味です

 

つまりは、尊敬するとは「見直す」という意味なんですね。

 

その人を、これまで見ていた視点とは違う視点で見るという事です。

 

そうすることで、今まで尊敬できなかった人のいい所を見つける事ができ、尊敬できるようになるってことですね。

 

 

確かにそうですよね。どんなに嫌な人でも、どんなに馬の合わない人でも、自分が見下しているような人でも、絶対に良い所はあります!

 

私は、何も学ぶべきものがないほど

愚かな人に会ったことはない。

ガリレオ・ガリレイ

 

あのガリレオさんも言っています!

 

尊敬できない人たちの、悪い所ばっかりを見るのではなく、良い所を見つけて、認め、尊敬する事ができるようになれば・・

それだけ、人から吸収し学べる事が増えるとういう事になります。

 

 

逆に、「世の偉人や会ったこともないような人」しか尊敬できない人は、それだけ損しているってことです!

 

だからこそ身近にいる人ほど尊敬すべきなのです。

そうすれば、人を尊敬できない人の何百倍ものスピードで学びを得る事ができ、そして成長することができるのです。

 

まとめ

 

という事でして、皆さんも身近な人を尊敬してみてください!

 

かといって、ムリに嫌いな人と付き合うって事ではないですよ。

 

誰にだって、距離を置きたい人、関わりたくない人はいると思います。

それは、人間ですので当然あります。

 

ただ、どんな人からでも吸収して学べることはあるってことです!

 

相手の一部分でもいいです。

そうやって敬い尊敬することによって、相手を見下すようなフィルターや偏見はなくなり・・

「いいものはいい!」と相手から吸収できるものを最大限に広げる事ができるようになります!

 

こういった事が「人を尊敬する能力」です!

 

会ったこともないような人しか尊敬できずに、日々の生活を送るよりも、

尊敬できる人に囲まれて生活ができたら、そっちのほうがいいと思いませんか?

 

 

人を尊敬できないのは、決して自分が周りの人よりも能力が高くて優れているからではありません!

 

もしかしたら、それは視野が狭くなっているんではないでしょうか?

 

視点を変え「人を尊敬する能力」を磨きましょう!

 

そうすれば、また違った世界が見えてくるかもしれません!

 

 

という事で、今日はこのへんで!

 

小野闊歩



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です