真のポジティブ思考になるにはネガティブをガン見せよ!



スポンサーリンク

皆さんこんにちわ! 小野闊歩です。

今日のお話は「ポジティブ思考」についてです。

常日ごろからポジティブであることはとてもいい事だと思います。

私自身もポジティブである事を意識していますし、なるべくポジティブな人と付き合うようにしています。

どんな事でも前向きに捉え、感情の状態を整える事は、今後何かを成し遂げるためにも重要なスキルではないかと思います。


ですが、このポジティブシンキング。

ちょっと偏りすぎると、全く機能しないんではないかと思う事があります。

 

ちょっと勘違いすると、ただの現実逃避になってしまうんではないかと。

どういう事かといいますと。

ポジティブシンキングに偏り過ぎるあまり、

 

「ネガティブは見ない!」

「ネガティブな事には関わりたくない!」

 

と、ネガティブをまるっきり排除してしまうのです。

ネガティブは悪者?

 

しかし、自分にとってのネガティブは現実に在るものです。

それに感情的なものですので、自然と湧き上がってくるものでもあります。

それを見ないようにし臭い物にはフタをするような事をしても、根本的な解決にはなりません!

少し前までの自己啓発の世界では、ポジティブシンキングは良く言われていたので、こういったネガティブを悪者とするような傾向が強かったんではないでしょうか!?

 

感情はポジティブでOK!

 

「じゃあ、なにか!嫌な事を見てネガティブシンキングにでもなれっていうのか!」

というと、それも違います。

前向きでポジティブ思考である事はいい事です。

ですからどういった状態が好ましいのかといいますと・・

「感情的」にはポジティブでいつつ、

「分析的」にネガティブを直視する。

 

ということです!

しっかりとネガティブな事は直視するが、感情的にはネガティブにはならない!
むしろ、ネガティブな出来事を前向きに捉え、前進するための糧とする!

 

そういった姿勢が重要なんではないかと。


どんなことにもプラスの面、マイナスな面がある。

 

嫌なことでも視点を変えれば、いい事に転じます。

 

逆も然りです。

 

「いい」出来事も「嫌」な出来事に繋がる事があります。


例えば、彼女にフラれるという出来事があったとしましょう!

一見すれば、フラれるという事実はネガティブにとらえられるかもしれません。

自分を否定された感じがするとか。

すごく寂しい感じがするとか。

 

ですが、こういったマイナスな要素も見方を変えればプラスに転じます。

 

  • 自分を否定された→自分はまだまだ成長できる!
  • 寂しいけど、その分自分の時間が増えたから、自分を高めるためにもっと時間を費やせる!

 

という風に、ネガティブと言うのは、プラスに転じるための大切な要素になり得るんです。

 

ですから、ネガティブをしっかりと直視するという事が大切なんですね。

 

ネガティブを排除していたんでは、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります。

 

 

まとめ

 

という事でして、皆さんもネガティブな事がありましたら、しっかりとネガティブを直視してみてください。

 

ガン見するぐらいの勢いでOKですw

 

 

その際は、感情はネガティブにならずにポジティブで行きましょう!

むしろ、嫌な事をしっかりとガン見し、向き合う事によって、気持ちもポジティブになってきます。

 

 

ネガティブな事はプラスに転じるためのきっかけになり得ます。

 

マイナスをプラスに変え、チャンスを掴んでいきましょう!

 

 

という事で、今日はこのへんで!

 

 

ガン見してください♡

 

小野闊歩



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です