超簡単にハードボイルドな男になる方法!



スポンサーリンク

 条件反射とは!

 

みなさんこんにちは!

 

今朝、急に牛丼が食べたくなり、すき家に駆け込んだ小野闊歩です!

 

何かが引き金になったんだと思います!なんだか分かりませんが、自分の中の「牛丼スイッチ」を押してしまったんだと思います!

美味しかったです。

 

さて、今回のテーマはパブロフの実験についてお話しします!

 

パブロフの実験とは、ソビエト連邦の生理学者イワン・パブロフによって行われた実験で

 

簡単説明しますと・・・

 

パブロフの実験とは犬に餌を与える実験で・・

普通に餌を与えるんではなく、犬にごはんを与える直前にベルを鳴らして与えるようにします。

それを繰り返すことにより、犬はベルの音がなるとご飯が出てくる事を学習し、よだれをたらします!

最終的には、ご飯は出てこないのに、ベルの音を聞いただけで犬はよだれを垂らすようになります。

犬はベルの音でヨダレが出るように条件付けされてっしまったというわけです。

 

このように、動物において訓練や経験によって後天的に獲得される反射行動のことを条件反射といいます。

 

これが、パブロフの実験です!

 

ご飯が出てくる時にヨダレがでるのは理にかなってますが・・

ご飯が出てこないのに、ヨダレが出てしまってはまったく理にかなっていませんね。

 

実はこういった事は、私達の習慣の中にもいくつも存在していて、こういった事が大きく私達のエネルギーを奪っているんです!

 

過去のいや~な出来事や辛い経験がトラウマになって、似たような事が起きると無駄に焦ったり、感情的になったりしてしまいます。

 

私も無駄に反応してしまうことが多いにあります。

 

例えばですが、昔、僕がはじめて職についた時ですが、そこは、上下関係の厳しい軍隊式の職場だったんですね・・

 

そこでは、目上の人には、無駄に激しく頭を下げ!激しく挨拶をします!

僕は、会社というものは、そういうものだと思いこんでいて、ずっとそんな感じで過ごしていたんですね。

 

そして、職が変わってからが大変でしたね!

転職先の職場でも、ちょっとした目上の人が現れようものなら・・

体が硬直し、なぜかは分かりませんが無駄に激しく挨拶してしまうんです(笑)

 

それが、逆に変に思われてたみたいで、すごくやりづらかったですね!

だいぶ直りましたが、今でもその気があります(笑)

 

多分、「目上の人」イコール「激しく挨拶!」というふうに、僕の中で条件付けられていたんだと思います(笑)

 

こんな感じで、私達はある事がきっかけになって習慣的にある行動をとってしまうという事があります。

 

私たちは、身の回りの様々な刺激に対し、何らかの反応をするように条件付られており、外からの刺激にコントロールされているのです!

 

そう考えると、ちょっと恐ろしいですよね。

 

しかし、私達はあっさりと操られてしまうほどヤワではありません!

特にこのブログを読んでいる意識の高いあなたは!

 

皆、人それぞれが創造的な意思とパワーを持ち、自分の人生を作って行けるんです!

 

ある人は、「上司は敬うべき」と教え込まれすぎ、目上の人に対して恐怖すらおぼえます。

 

ある人は、子供の頃に親から「見知らぬ人には注意しろ」と教わり、大人になって人見知りになったりする人もいます。

 

こういった、無駄なベルのサインとはおさらばしましょう!

 

反応しないことも立派な反応!

 

では、どうすればいいか?

 

それは・・・

とりあえず反応しない事です!

 

電話が鳴れば、私達は無意識に反応してしまうでしょう!

皆そうです!当たり前ですね。

 

しかし、僕たちはその電話を無視するという選択もできるということを忘れてはいけません!

(電話を無視しろと言っているのではないですよ。悪魔で例えです(^^;)

 

どんな事でも、どうするか?落ち着いていられるか?恐怖するか?冷静でいるか?それを決めるのは外部からの刺激じゃないんですね。

 

私達の反応が恐怖を感じさせる事もあります。

しかし、逆に私たちが反応を示さずほうっておけば、心を乱される事はありません!

 

反応しないといいますと、無視をするみたいな感じになってしまうので、反応を遅らせると考えてもいいと思います。

 

「反応を10秒後回しにする」みたいな感じですね。

 

それだけで、私達のベルとの条件づけが解除され、習慣による反応ではなく、その時その時にあった適切な行動や反応ができるようになります。

 

 

漫画やアニメなんかにでてくるハードボイルドなキャラクターで、どんな恐怖がさしかかっても動じないキャラっていますよね。

 

例えば、ジョジョの奇妙な冒険に出てくる空条承太郎!

 

シティハンターの冴羽涼!

 

ゴルゴ13のデューク東郷!

 

みんなカッコよくて憧れますね。(僕が個人的に好きなキャラです!)

 

色々と中途半端ですが、これは僕が考えたハードボイルドなキャラです↑

 

 

 

しかし、そんなハードでボイルドな彼らも、実は内心ビクビクなんです!

 

 

怖くて怖くて仕方がないんです!

(もちろん僕の勝手な妄想ですm(_ _)m)

 

驚異がさしかかった時、普通の人なら反射的に恐怖におののき、目を伏せてしまいます。

 

しかし、彼らは驚異に対してすぐには反応せず・・

ワンテンポ行動を遅らせることにより、「驚異におののく」という悪習慣との条件づけを断ち・・!

 

ニュートラルな状態にしてから、適切な行動をとっているのです!

 

 

だからこそ冷静に対応しているように見えるのです!

・・・・・

 

絶対そうです!

 

仮説ですけど!(笑)

 

条件付けを断つ!

 

そんな訳でして・・・

 

反応しないでみる!

 

ぜひぜひ取り入れてみてください!

 

もちろん!すぐに対応しなくてはならない事もあります!

 

でも、もし「これはすぐに反応しなくてもいいんじゃね?」と思えるのであれば、リアクションを少し遅らせてみるのもいいかもしれません。

 

そうすれば、日々の生活で習慣に条件付られた、無駄なエネルギーを失わないですみますし・・

 

必要のない行動をとらずに、適切な行動をとれるようになってきます!

 

 

急に牛丼が食いたくなっても、10分ぐらい待ってから考えれば、欲求は収まっていて

「家に帰って、嫁のご飯をたべよ~」

となったりですね。

 

まあ、「こんなスキルもあるんだな~」と心の片隅にでも入れておいてください!

 

 

なにかあった時に、「ちょっと反応を遅らせてみようかな」とお遊びでもいいのでやってみてください!

 

意外と使えますから!

 

 

いつもと違った反応が帰ってくると思います!

 

 

反応を遅らせ、悪習慣との条件付けを断つ!

 

 

それだけで何かが変わってきます!

 

 

 

ぜひぜひ!

 

小野闊歩

保存

保存

保存

保存

保存

保存



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です