時間を莫大に増やす!

by wolter_tom

時間がないを克服する!

 
こんにちは! 小野闊歩です! このブログを読んでくださっているという事は、皆さんも何かの目標に向けて、人生をよくするため、日々努力している事だと思います。
 
 
でも、やはり皆さんも現代社会を生きているので、日々の生活や仕事に追われ、何かを成し遂げようにも、その努力をする時間がないんではないでしょうか?
 
・・・・・ 私もです()
 
しかし、この 「時間がない」 
 
 
この一言が危険です!
 
この一言が、私たちが行動できない事の元凶になっている場合があります。
 
そこで、ある本で面白い話を見つけたので紹介したいと思います。
 
 
ある教授と生徒のお話です。
 
まず教授が、石がいっぱいに詰まったガラスの瓶を生徒に見せ、こう訪ねます。
 
「この瓶はいっぱいになっているかな?」 生徒は瓶をまじまじと見つめ答えます。
 
「ええ!いっぱいになっています! すると、教授はポケットから小石の入った袋を取り出し、瓶の中にその小石を詰めます。
 
 
「まだ、小石が入ったね。ではこれで瓶はいっぱいになったかね?」 生徒は答えます。
 
 
「はい!今度こそいっぱいになりました!」 すると、教授はポケットから砂の入った袋を取り出し、おもむろに瓶に詰めます。
 
 
「まだ砂が入ったよ~、これでいっぱいになったかな?」
 
生徒は悔しそうに答えます。
 
 
「今度こそ、本当の本当にいっぱいになりました!」
 
すると、教授はポケットから水筒を取り出し、瓶の中に水を入れました。
 
 
そして、ドヤ顔でいいます。
 
 
「まだ、水が入ったで~~」
 
というお話です。
 
 
この瓶と石のお話は自己啓発の世界では有名な話だそうですが、 着目するところは、、
 
「どんだけ、教授のポケットに物入っとんねん!」
 
と言う所ではなく。
 
私たちは、日々の生活で簡単に「これ以上できない」と口にしてしまうという事です。
 
 
工夫を凝らし、想像力を働かせれば、必ず隙間は見つかるにもかかわらずです。
 
 
「これ以上できない」「時間がない」こう言った言葉ははっきり言ってしまえば、甘えに過ぎないのです。
 
 
なぜなら
 

「時間がない」と言ったとたんに、私達は創意工夫をし、なんとかして時間を作り上げる意志を放棄してしまうからです!

 
「時間がない」それはただの甘えであり、行動を起こさない為の言い訳でしかないのです!
 
 
本当に忙しくて時間がない人もいるでしょう!
 
 
 
しかし、問題は時間がない事ではないのです。
 
 
「時間がない」と口にして、時間を作ろうとする工夫をしなくなるのが問題なのです!
 
 
どんなに時間がないと思っていても、工夫を凝らし、試行錯誤すれば、なんとか時間は作れるものなのです!
 
 
時間はあるものではなく、作るものです!
 
 
自問してみてください!
 
 
 
本当に「時間がない」のか?
 
甘えてるだけではないのか?
 
どうにかして、時間を作れないのか?
 
 
 
そこで、少しでも時間がある!作れる!と思えるのであれば今すぐ行動してください!
 
 
 
 
その一歩が人生を変えるかもしれません!
 
 
ぜひぜひ!

小野闊歩

保存
保存

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です