真に伝わるもの!



スポンサーリンク

動機が伝わる!

 
 
こないだ、できている人は少ない! 成功のためのスキル!の記事で「人間というのは相手のウソがなんとなくわかる」という事をさりげなく言いましたが、今回はその事についてもうちょっと掘り下げていこうと思います。
 
 
そして、今回の内容は何かの本で勉強した事ではなく私の経験から得た持論です。
 
 
ですので、「なんか、小野闊歩って奴がアホな事言ってんな~」ぐらいに思ってください。
 
 
という訳でして話を進めましょう!
 
 
こないだ「人間というのは相手のウソがなんとなくわかる」と言いましたが、今回は少し表現を変えます。
 
 
「人は無意識のうちに相手の動機を感じとっているのです!」
 
 
「動機」といいますとちょっと分かりづらいですが、ここでいう動機とは「根本的な欲求や目的」の事です。
 
 
人は何かするときに、何かしら自分の中にある欲求を満たそうとします。
 
 

その欲求が相手の無意識に、内容よりも先に伝わります!

 
 
例えば、相手にプレゼントをする行為一つでも、その動機によって伝わり方が違ってきます。
 
 
 
プレゼントをして、相手に喜んでもらって、「その笑顔を見て自分も嬉しくなりたい」と心の底で思っているなら、その欲求が伝わります。
 
 
一方、プレゼントをして、「自分もプレゼントを返してもらいたい」と思っているなら、その欲求が伝わります。
 
 
他にも、プレゼントをして、「そんな俺ってカッコいいだろ!」って思ってほしいのなら、そのナルシスぶりが伝わります。
 
 
その欲求を相手がどう受け入れるかは、相手しだいです。
 
 
その欲求が相手とwin-winの関係であれば良いですが、そうでなければ、なにかしら嫌な感じを相手にあたえてしまいます。
 
 
これは相手に無意識のうちに伝わります。
 
 
このように、プレゼント一つでもさまざまな伝わり方があるのです。
 
 
 

表現=動機!

 
 
どんな事にも言えます。 音楽や芸術のような、表現の場でもこの「動機」は伝わります。
 
 
実は私も表現者を目指している身ですので、よく気づく事があります。
 
 
私は絵を描いているのですが、「俺って上手いだろ!」って思っている時は技術にばっかり気をとられてしまい、「俺って上手いだろ!」って言う、いやらしい絵が出来上がります()
 
 
逆に、「絵を描くのが好きで好きでたまらない!」って思って描いてるような人の絵は、いやらし感じがしなく気持ちよく見れますね。
 
 
カラオケなんかでもそうですよね。 「うまいんだけど、まったく響いて来ないな~」 という人もいれば 「へったくそだけど、なんかいい!!」 っていう人もいます。
 
 
恥ずかしそうに歌っている人を見たら、こっちまで恥ずかしくなってきます。
 
 
 
 
 
 
 
こんな感じで、相手に何かを伝える表現というものには、その人の動機が大きく関わってきます。
 
 
そして、これが分かってくると人間関係もうまくいくようになってきます。
 
 
部下に何かを教えようとしても、「先輩としての威厳を保ちたい」「凄いと思われたい」という動機では内容は伝わりませんし、ウザがられるだけです。
 
 
逆にそんな先輩がきたら、すべてを間に受けずに、さらっと流す事もできるようになってきます。
 
 
内容ではなく「動機」が一番最初に伝わります!
 
 
 
ですので、自分の行動が、自分のどの欲求を満たそうとしているのか分析してみてください!
 
 
 
それに関しては、マズローの五段階欲求を理解するといいと思います。
 
マズローの五段階欲求説を熟知せよ!私達は自己中でいいんです!←この記事で書きましたので、よっかたらご覧になってください!
 
 
 
「自分の行動が、自分のどの欲求を満たそうとしているのか」が分かってくると、相手の行動の真意もなんとなくわかってくるようになりますし、自分の言動や行動もおおきく変わってきます!
 
「あ、今カッコイイって思われたいって思ってたな」
 
とか、
 
「あ、今のは知識があるって事をアピールしたかっただけだな」
 
ってな感じで ()
 
 
その自分の動機が相手の無意識に伝わっています!
 
 
ぜひぜひ!
 
 
「動機が伝わる」でした。
小野闊歩
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存

保存

保存



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です