マズローの五段階欲求説を熟知せよ!私達は自己中でいいんです!

by WarmSleepy

  

自分本位で生きよう!

 
 
皆さん、こんにちわ! 小野闊歩です!
 
 
さて、今回は人間の欲についてお話しようと思います!
 
 
 
 
皆さん、「成功者は世のため人の為に生きているんじゃないか?」とお思いではないですか?
 
 
 
 
僕はそう思っていました・・・
 
 
しかし、実は世の成功者は皆、自分の為に生きてます!
 
 
 
 
どういう事か説明しましょう!
 
 
 

マズローの5段階欲求とは?

 
 
 
そこで知っておいて欲しいのが、「マズローの五段階欲求」です!
 
 
 
 
心理学者マズローが提示した欲求五段階説です!
 
 
 

人間の欲求には、まず「生理的欲求」があります。

 
これは、食欲、睡眠欲、性欲などの人間の本能的な欲求です。
 
 
 

次に「安全欲求」があり、不安からの解放を求めます。

 
人間が生きて、生命を維持する為の欲求と言えるでしょう! 危険を回避したり、安定した生活を送りたいといった欲求です。
 
 
 

これが満たされると、次に「社会的欲求」です。

 
社会的所属や愛情などを求めるようになります。 「集団に属したい!」「家族が欲しい!」「いい会社に勤めたい!」といった欲求です。
 
 
 

そして、次に出てくる欲求が「承認欲求」です。

 
「皆に認められたい!」「有名になりたい!」「褒められたい!」といった欲求です。
 
 
 

承認欲求が満たされると最後に、「自己実現欲求」です。

 
これは、純粋に「自分の能力を世の為に役立てたい!」「創造的活動がしたい!」といった欲求です。
 
 
 
 
 
ここで面白いのは、これらの欲求は一個一個クリアして、次の欲求へと上がっていきます。
 
 
 
と言うことは、世の為、人の為といった自己実現欲求というのは「社会的欲求」や「承認欲求」を満たした上でないと満たせないのです!
 
 
 
つまり!
 

世の成功者ほど、自分の欲求を満たす事を優先するのです!

 
自分が満たされていないと、人の為には行動できません。
 
自分を満たすことが、後々、世のため人のためになる事を知っているのです!
 
 

結局は皆自分の為に生きている!

 
 
 
突き詰めて考えると自己実現欲求でさえ、自分の欲なので
 
 
自己実現欲求を満たす事すら自分の為なのです!
 
 
 
 
五段階欲求のうち四段階を満たさずに「世の為、人の為に創造的な活動がしたい!」といった自己実現を目指すとします!
 
別に目指すことはいいことですし、達成することもできると思いますが
 
 
 
自分が満たされていないと
 
 
 
結局は心の奥底で
 
 
「世のため人の為になって、皆に褒められたい!」といった承認欲求であったり
 
 
 
「世のため、人の為になって、皆に認められて、女の子にモテまくりたい!」といった生理的欲求であったりします。(昔の僕W)
 
 
 
こういう状態では、意志がブレやすく目標達成も難しくなります。
 
 
 
それに世のため、人の為になったとしても、喜びが少ないことでしょう。
 
 
 
 
 
こういった偽善者になるくらいなら、いっそ開きなおったほうがマシです!
 
 
 
 
ですので、皆さん まずは自分を満たす事を考えましょう!
 
 
 
結局は皆、人の為ではなく自分の為に生きています。
 
ですが、それでいいんです! 人は皆自己中です!
 
 
 
 

人の為と書いて偽りと読みます。

 
 
世の為、人の為になる事をしても、結局は自分のためです。
 
 
 
そして、それを理解しているかしていないかで全然違います!
 
 
 
自分の願望や目標がどの欲求に属しているか分析するのもいいと思います!
 
 
マズローの五段階欲求を理解する事によって、自分の行動がどの欲求を満たそうとしているのかが明確になります!
 
 
そして、自分の行動に素直になることができ、行動にブレがなくなります!
 
 
ですので
 
 
皆さん! 自己中に行きましょう!
 
 
 
 
どんどん自分を満たしてください!
 
 
 
そうすれば、おのずと世に貢献出来ます!
 
 
 
 
そして、それが大きな喜びになることでしょう!
 
 
ぜひぜひ!
小野闊歩
保存
保存
保存
保存

保存

保存

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です