潜在意識を書き換え思い通りに生きる方法!

潜在意識の書き換え方!

 
 
皆さんこんにちは! 小野闊歩です。
 
 
 
今回の話は、ずばりアファメーションについてです!
 
 
 
自分の夢や目標を実現するためにはセルフイメージを変えることが不可欠!
という事をこないだ他の記事でお話しいたしました!
 
 
   ↑
こないだの記事!
 
 
 
アファメーションと言いますと、自己啓発やスピリチュアル系のブログや本なんかを見ていると必ずといっていいほど出てきますので、知っている方も多いと思います。
 
 
「また、アファメーションかよ!」
 
と思うかもしれませんが、これ地味に効きます。
 
 
潜在意識を変える上では、かなり強力な武器になってくれることは間違いありません!
 
 
実際、潜在意識を変えようと思ってもなかなか難しいと思います。
 
 
例えば、人前でうまく話せない人がいたとします
 
 
 
「よし! 潜在意識を変えて『人前でうまく話せる!』というセルフイメージにすればいいんだな!」 
 
 
「よしやるぞ!」
 
「・ ・ ・ ・ ・ ・ん?」
 
 
「・ ・ ・ ・ ・待てよ?」
 
 
「自分の潜在意識なんて無意識にできているんだから、意識的に変えるなんてできなくね?」
 
 
と思うことでしょう。
 
 
自分も最初はそう思いました。
 
 
ですが、意識的に潜在意識を変えていくことはできるのです!
 
 
 
セルフイメージは子供のころから現在にいたるまで、親や先生、周りの友達、先輩、さまざまな人から、繰り返し自分に対する評価を言われる事によって作られていきます。
 
「お前はどんくさいな」
 
「お前には無理だ!」
 
「ホンマに天然だな~」
 
みたいな感じですね。 (僕が言われ続けてきたこと。笑)
 
 
 
よって
 
その逆をやればいいのです!
 
 
繰り返し、自分で自分を洗脳すればいいのです!
 
 
 

アファメーションとは?

 
 
そこで、有効になってくるのがアファメーションです!
 
アファメーションとは何なのか? 簡単にいっていしまうと
 
 
言葉を用いた自己暗示方です!
 
 
言葉によって自分に対し肯定的な宣言文を唱え、潜在意識に繰り返し働きかけ、少しずつセルフイメージを変えていく方法です。
 
 
 
言葉を出すことで、鼓膜から脳に情報が伝わり、より潜在意識に働きかけやすくなります。
 
 
皆さん、アファメーションをやったことがある人、ない人、現在やっている人
 
 
さまざまな方がいると思います。
 
「早起きできるようになりたい」 「ダイエットしたい」 「異性とうまく話せるようになりたい」 「マッチョになりたい」
 
 
人それぞれ色んな願望があると思います。
 
 
そして、アファメーションによって結果が出る人出ない人いると思います!
 
 
もし結果が出ないんであれば、自分の潜在意識にうまく働きかける事ができていない事が、一つの原因として考えられます!
 
 
アファメーションにはさまざまなやり方がありますが、うまく潜在意識に働きかけることができれば、じわじわと結果が出てくるはずです!
 
 
 
今日はそのアファメーションのやり方をお伝えしたいと思います!
 
 
では行きましょう!
 

1 目的を決める!

 
前回の記事でお話しましたが、目的を決めないことには潜在意識は働きません!
 
 
 
目的を決めると潜在意識が働き出します。 
 
 
決めるといってもただ漠然と決めるのではなく
 
 
自分の理想の姿を事細かく想像できるぐらいまで具体的に決める必要があります!
 
 
漠然とマッチョになりたい!ではなく
 
 
腹筋は六つに割れ、綺麗な逆三角形のような上半身を想像できるくらい具体的に決めたほうがより効果的です!
 
 
要はしっかりイメージするという事です。
 
 

2 肯定的な言葉を使う!

ダイエットをしたくて、習慣になっている暴飲暴食をやめたい人がいるとします。
 
 
アファメーションをするため
 
「私は暴飲暴食をしないで5キロ痩せる」
 
という宣言文を作ったとします。
 
この宣言文、実はNGです! 
 
なぜかと言いますと否定的な言葉を使っているからです。
 
 
たとえ「~しない」という言葉を使って否定しても
 
「暴飲暴食」という言葉を使っているため、この宣言文を使うとどうしても暴飲暴食をしている所を想像してしまうのです!
 
 
そして、そのイメージが潜在意識に刷り込まれてしまうのです。
 
 
よってアファメーションする時は、「~しない」「~ない」という否定文は使わずに肯定文を使いましょう!
 
 
今回の例でしたら
 
 
「私はヘルシーな食事をとりスリムになる!」
 
というような宣言文にするといいでしょう!
 
 
この文章なら、自分にとっていい連想しかできないはずです!
 
 

3 現在進行形にする!

 
「私はお金持ちになる!」 
 
この宣言文も実はアウトです!
 
「~になる」 「~になりたい」と言ってしまうと、心のどこかで「今は違う」と言い聞かせている事になります。
 
そして、それが潜在意識に刷り込まれます!
 
 
では
 
「私はお金持ちだ!」
 
「私はお金持ちになった!」
 
というような、現在系や過去形はどうでしょう?
 
これでもいいんですが、ちょっと違います!
 
 
「私はお金持ちだ」 
 
「私はお金持ちになった」
 
という宣言文をいくら唱えても
 
心の奥底では
 
「そうはいっても、お金持ちじゃないんだよな~」
 
という気持ちが湧いてきてしまいます。
 
 
これだとアファメーションの意味がありません!
 
 
ではどうすればいいのか?
 
 
現在進行形にするのがベストです!
 
 
「私はお金持ちになりつつある!」
 
これです!
 
これだと今はお金持ちでなくとも「お金持ちに向かって進んでいるんだ!」というイメージをすんなり心に届けることが出来ます!
 
アファメーションを作る時は、現在進行形にして「~しつつある」という言葉にするといいと思います
 
そして、このように潜在意識に対する言葉使いというのはものすごく繊細ですので、細心の注意を払ってアファメーションの宣言文を作るように心がけましょう!
 
 

4 寝る前と寝起きに行う!

このアファメーションいつ行っても効果はあります。
 
 
普段、仕事の合間や家事の合間など何気ない時にアファメーションを行うのもいいと思います!
 
 
鏡の前で行うのも効果あります!
 
 
しかし、よりいっそう潜在意識に働きかけたいのであれば寝る前と寝起きに行うのがベストだと思います!
 
 
なぜかといいますと
 
寝る前と寝起きというのはとてもリラックスしていて、顕在意識と潜在意識の境界が薄れ、より自己暗示をかけやすくなるからです!
 
 
頭がぼーっとしているあの感じです!
 
 
あと、瞑想をしながらアファメーションをするのもかなり効果がありますが、瞑想についてはまた後述しようと思います。
 

5 感情をのせて行う!

アファメーションを行う時、ただ単に宣言文を唱えるだけでも効果はあるといえばあります! 
 
 
それは、無意識の内に刷り込まれるものだからです。
 
 
しかし、よりいっそう潜在意識に刷り込ませようと思うのであれば
 
アファメーションに感情をのせた方が効果的です!
 
ダイエットに成功したいのであれば!
 
 
「私はスリムになりつつあります!」
 
 
と唱えつつ、実際に自分がスリムになったところをイメージし
 
 
本当に嬉しくなったりワクワクするくらいまで想像すると、かなり効果があります!
 
 
この感情が動くまでやるという事が重要です!
 
 
なのでアファメーションをする時は、なるべく1人になれる時間をとりましょう!
 
2分 5分  10分  多ければ多いほどいいです!
 
 

6 くり返し行う!

このアファメーション2・3日やるだけでは、まったくもって意味がありません!
 
 
習慣に落とし込んでください! 何事もそうですが、習慣に落とし込む事によって絶大な効果を発揮します!
 
↑習慣変えることの重要性!
 
最低でも90日間は続けてください!
 
 

7 結果は自然に任せる!

あまり結果は気にしないようにしましょう!
 
アファメーションをしたからといって一気に変化したりとか、劇的に変わるということはありません!
 
 
じわじわと変化していく感じです!
 
 
気がついたらなんか違う自分になっていた!ぐらいが理想です。
 
 
むしろ、毎日たんたんとおこなっていればそうなります!
 
 
結果は気にせず、焦らず、毎日コツコツ行っていきましょう!
 
 

やれば人生変わります!!

 
 
以上の事がアファメーションをやる上で大事なことです。
 
 
 
このアファメーション本気で習慣に落としこんで、3ヶ月続ける事ができたら絶対に何かしらの変化があります!
 
 
いつの間にか変わっている自分に気がつくことでしょう。
 
 
変化したらまた新しい宣言文を考えてください!
 
 
そして、また新しいアファメーションを続けてください!
 
 
これを繰り返す事で、あなたの人生は加速度を増して良くなるはずです!
 
 
今晩、寝る前からでもぜひやって見てください!
 
 
 
本当に人生変わります!
小野闊歩
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存

保存

保存

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です