成功者は成功の方法を知っている!?普通には知りえない真実!



スポンサーリンク

 潜在意識とは?

 
こんにちわ小野闊歩です! 皆さんいかがお過ごしでしょう!
 
 
さて、こないだ 驚愕!!ほとんどの人が知らない真実!!という記事でセルフイメージについて書きました。
 
そして、自分を変えたり、成功するためにはセルフイメージ、自分に対する思い込みを変える必要があるとも話しました。
 
 
 
しかし、自分に対する思い込みを変えようにも、なかなか難しいことでしょう!
 
そこで知っておいて欲しいことがあります。
 
 
それは、

人には「顕在意識」と「潜在意識」があるという事です。

 
 
 
潜在意識というと、どこかオカルトチックに聞こえるかもしれませんが、脳科学や心理学の世界では潜在意識の存在は認められています。
 
 
怪しいものではありません!
 
 
 

顕在意識は普段私達が意識することの出来る意識です。

 
 
「今日からタバコをやめよう」と意思で決意した場合、それは顕在意識で決意したことになります。
 
 
 
そして、
 

潜在意識とは普段私達が意識する事のできない意識のことです。

 
 
他にも
 
「今、この瞬間に使われていない脳の部分」 
 
「無意識の内に含まれる情報」
 
などとも捉えることが出来ます。
 
 
意識の大半は潜在意識でなりたっています。
 
 
 

その割合は、諸説ありますが顕在意識3%、潜在意識97%と言われています。

 
 
 
もうお気づきでしょう!
 
 
 
そうです! 潜在意識の方が影響力が大きいのです!!
 
 
 
いくら、顕在意識で「ダイエットを成功させる!」といき込んでも潜在意識が「ダイエットなんか面倒臭い」 「ダイエットなんかやる必要ない」と思っていたら、ダイエットは続かず失敗に終わります。
 
 
 

顕在意識と潜在意識に矛盾があった場合、勝つのは潜在意識

 
 
 
どんなに強く顕在意識で思っても、潜在意識の意向には勝てません!!
 
 
 
別の例を上げると
 
 
 
顕在意識で「早起きの習慣」をつけようと思っても、潜在意識で「早起きはめんどくさい! 辛い!」と思っていたら、その習慣は続きません!
 
 
 
潜在意識の方が影響力が大きいからです。
 
 
逆に潜在意識で「早起きしたい!」「早起きすべき!」と思えていたら、嫌でも早起きできるようになります!
 
 
続けたい!と思っている習慣が続かないのも、この「顕在意識と潜在意識の矛盾」が原因なのです。
 
 
 
 
そして潜在意識には幾つか特徴があります。そのひとつとして
 
 

「潜在意識は自分で取捨撰択できず全ての情報を蓄積してしまう!」

 
 

「気づかない内に全身で反応してしまう!」

 
というのがあります。
 
 
 
それは、自分の好き嫌いに関係なく無意識の内に刷り込まれていきます。
 
 
 
例えば、悪いニュースばかりを見ていたりとか、周りにグチっぽい人がたくさんいたりとかすると、どんなにポジティブな人でも知らない内にネガティブな感情になっていたり、自分自身もグチっぽくなっていたりする事があります。
 
 
 
他にも
 
 
過去に人前で失敗し笑われてしまった経験があり、それが潜在意識にすりこまれると、いつまでたっても人前に出たときは恥ずかしくなってしまい、体がうまく動かず失敗してしまうという事があります。
 
 
このように潜在意識は、周りの環境や過去の経験といった事から知らず知らずの内に情報を蓄積し、自分でも気づかない内にそれを体現してしまうのです!
 
 
つまり!
 
 
潜在意識に「どんな情報があるか?」「何が書き込まれているか?」がそのまま人生のクオリティとイコールになるのです!
 
 
 

人間は、その人の潜在意識にあるとおりの人生を歩みます!

 
 
 
人生を変えるため、セルフイメージを変えるためには、、!
 
 

潜在意識レベルでの変化が必要になってくるという事です!!

 
 
では、どうすれば変えることができるのか!?
 
 
 
それは、これからどんどん記事にしていこうと思います!
 
 
 
 
今回はそのために知っておいてもらいたい潜在意識について簡単に記事にしました。
 
 
 
そして、これからも皆さんのお役に立てるような情報を発進していこうと思っています!
 
 
 
ぜひ!興味があれば他の記事も読んでみてください!
 
 
 
一緒に進化していきましょう!!
小野闊歩
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です