何事も続かない!?それは意志が弱いからじゃないぜ!

 

意志と根性では習慣は変えられない!

 
 
生活に何か新しい習慣を取り入れようと努力しても、なかなか続かず三日坊主に終わってしまう・・・そういう方は多いと思います。 
 
 
 
OKです!僕も、続けることができない事がたくさんあります。
 
 
そして、続かないのは意志が弱いからとか、根性が足りないからではありません!
 
 
 
人間は意志と想像が戦った場合、想像が勝つ事になっています。
 
 
 
例えば、禁煙をしたい人がタバコをやめようと強くいき込んで、意志で禁煙をしようとしても、タバコを吸いたいという感情によってタバコを吸う自分を想像してしまうと、意志では止めることができなくなってしまうということです。
 
 
眠ろうと思えば思うほど眠れなくなってしまったり、見てはダメと言われたら見たくなってしまうのと同じ事です。
 
 

 

努力逆転の法則!

 

これは努力逆転の法則と言われています。

 
 
 
努力逆転の法則とはエミール・クーエ(1857~1926)という方が提唱した法則です。
  
 
  努力逆転の法則の定義
  1. 意志力と想像力(イメージ)が相反した場合は想像力(イメージ)が勝つ。
  2. 意志の力で努力すればするほど想像力(イメージ)は強力となり、その意志と努力とは反対の結果になる。
  3. 意志力と想像力が相反した場合は、想像力の強さは意志力の二乗に正比例する。
 
 
皆さん、自分の努力が報われないなんて嫌ですよね。
 
OKです。 ではどうすればいいのか?
 
 
それには、自分の意志と想像を一致させる必要があります。
 
 
自分の習慣を変えたいという意志は変える事ができませんので、想像(イメージ)を変えてみてください。
 
習慣が身につかないというのは、その習慣や行動が心の中で腑に落ちるイメージになっていないからです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
例えば、禁煙が続かない人の想像とは、タバコを美味しそうに吸ってしまう事です。
 
 
そこでタバコは不味い、タバコは害があるということを想像する必要があります。
 
 
それか、タバコを吸わないで空いた時間に活き活きと健康的に活動する自分を想像するのもいいと思います。
 
朝の早起きができない人は、朝に2度寝をすると気持ちいいというようなイメージを持っています。
 
 
それを、朝に早く起きて空いた時間に優雅にコーヒーを飲んで気分が良くなっているというようなイメージに変えたり、2度寝してしまうと朝に時間の余裕が無くなってしまうというようなイメージに変えられたらいいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな感じで、自分の取り入れたい習慣のメリットとその習慣が出来なかった時のデメリットをしっかり頭の中でイメージしていくと効果的です。
 
 
そして、イメージの仕方にもコツがあります。
 
 
それは、第三者の目線で自分が行動している所を想像するという事です。
 
 
自分の目線のイメージでなく、他人の目線からのイメージです。
 
 
理由を話すと長くなってしまいそうなのでここでは話しませんが、ちょっとしたコツとしてお伝えしておこうと思います。
 
 
「そんなイメージしただけで変わるわけねーだろ!ハゲ!」
 
 
とお思いの方・・・確かにイメージを変えただけで、いっきに出来なっかった事が出来るようになった!とか、やめられない事がやめられた!というように劇的には変わらないと思います。
 
 
ですが、確実に脳は少しづつ変化していきます! 
 
 
そして、その少しの変化が積もれば大きな変化になります!
 
 
焦らず、じっくり、失敗しても気を落とさず、小さな変化を楽しんでいってください!
 
 
 
 
そして、どんどんどんどん良い妄想をしていってください! 
 
 
 
 
変わります!
小野闊歩
保存
保存
保存
保存
保存

保存

保存

保存

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です